TOTOシーウィンド淡路

芸術と自然のマリアージュArt et la nature du mariage

アートな空間で日常と違う時間を

  • 入口
  • プール
  • ロビー
  • エレベーター
  • ロビー
 

Architecture建築について

淡路島東部の大阪湾に沿い、約100mの高低差を持つ約45度の急斜面に建つ、安藤忠雄氏設計によるリゾートハウスです。
個性的なデザインの当館では、至るところで海を感じることができます。まるで壁一面に広がる絵画のように、自然の景色をインテリアの一部として取り入れ風景との一体感を目指した空間は、安藤建築の特徴を強く表しています。

Cuisineお料理

食の宝庫ともいえる淡路島の海の幸や山の幸を取り入れた創作和食会席をお愉しみいただけます。旬の素材が料理長の伎で目にも鮮やかな会席料理に生まれ変わります。旬の食材とともに、淡路の四季をお愉しみ下さい。

 
 

Guest Rooms客室

洋室、和室、メゾネットタイプまで、多彩なタイプのお部屋をご用意しております。もちろん、全ての客室の水回りにはTOTO社製のものを採用し、デザインと機能性の拘った居心地の良い空間を演出しています。ファミリー、グループ、カップル旅行などお客様のニーズの合ったお部屋でリゾートスティを満喫して下さい。

県民割について


 
アクセスのご案内 ベストレート コロナウィルス感染症への対策 リロホテルズアンドリゾーツです。


当館までの道案内動画です。小高い山の上に建つホテルでございます。
周辺は私有地も多いため、お車でお越しの際は十分にご注意をお願いいたします。

最新情報

2022年度プールの営業について

今年もTOTOシーウィンド淡路のプール営業が決まりました!
ご宿泊されるお客様は無料でご利用頂けます。
夏の思い出作りにシーウィンド淡路にぜひ遊びにいらしてください!

■期間 6月17日(金)~
■営業時間 15:00~18:00、6:00~9:00
■脱衣場での密集・密接を避けるため、お着替えはご宿泊される客室でお願いいたします。


皆様の健康・安心・安全のためご理解ご協力を宜しくお願いいたします。
 

【mymizu】給水パートナーのお知らせ

当館は2022年4月1日より無料給水アプリ「mymizu」の給水パートナーとなりました。


ご宿泊の有無に関わらずマイボトルをご持参いただきますと、
飲み水を無料でご提供いたします。
SDGsへの取り組みの一環であり、ペットボトル削減へと繋がりますので
アプリをお持ちの方はどうぞお気軽にご利用ください。

mymizuとは https://www.mymizu.co/

給水の際は、フロントスタッフまでお声がけください。 
(ご利用時間 8:00~21:00)

ふるさと応援!ひょうごを旅しようキャンペーンについて(4/22更新)

兵庫県在住の方が、県内を旅行・宿泊される際に代金を割引く(ふるさと応援県民割)。さらに、宿泊旅行では、県内のお土産店や観光施設等で利用可能なクーポン券(ふるさと応援旅クーポン)がもらえるキャンペーンの対象施設です。 ぜひこの機会に兵庫の魅力を再発見してください。

<4月22日更新>
当キャンペーンの5月31日(木)までの期間延長(6月1日(水)チェックアウト分まで)が決定いたしました。
■予約受付開始 4月21日
■対象宿泊期間 5月9日~5月31日
■利用対象者  兵庫県民
■利用条件   ワクチン2回接種済み または PCR検査・抗原定量検査(出発日3日以内)、抗原定性検査(出発日1日以内)陰性であること
※既予約は割引対象外です。予約の取り直しをお願いいたします。
※ゴールデンウィーク期間(4月29日(金)~5月8日(日))は対象外です。
※外部サイト(ステイナビ)でのクーポン発行が必要となります。

SDGsスタンド(アメニティバー)設置のお知らせ

当館では、リゾートからサスティナブルな世界を実現するため各種SDGsへの取り組みを行っております。

2022年4月1日より、脱プラスチック(アメニティ削減)のためフロントへSDGsスタンド(アメニティバー)を
新たに設置いたしました。
お手数ですが必要なアイテムをピックアップの上、お部屋までお持ちください。
(お部屋にはアメニティのご用意はございません)


<アメニティバー・ご提供アイテム>
ハブラシ/カミソリ/ヘアブラシ/コットンセット/シャワーキャップ


<大浴場 常時設置アメニティ>
男性:綿棒、ヘアーブラシ
女性:ヘアーブラシ、シャワーキャップ、コットンセット


SDGsスタンド設置に関する詳細はこちら


※当HP内でアメニティについて上記と異なる記載がある場合は、
現在、反映までお時間を頂いておりますのでご了承くださいませ。
 

すべての記事を見る

ページ上部へ